介護保険給付の請求書ソフト利用を検討の方へ

subpage1

介護事業者にとって利用者のサービス管理やスタッフのスケジュール管理、介護保険給付の請求書作成など事務の煩雑さは悩ましいところです。

このような場合に活用したいのが介護保険給付の請求書ソフトではないでしょうか。



介護事業に関する事務を一括管理できるので大変便利です。


請求書ソフトにはどのような種類があるかご紹介します。先ず利用方法ですが、他のPCソフトと同様にインストールによって使用するパッケージ型とインターネット上で利用するASP(又はクラウド)型があります。

パッケージ型のメリットは自社PCに情報を保存できるので情報が漏洩しにくく、自社業務に応じた使い方ができるのがメリットです。
その反面初期費用がやや高く、法改正などの対応は新たなメディアの購入が必要になります。一方ASPは初期費用が安く、どこにいてもインターネットに接続した環境があれば使えますし法改正など最新情報の対応は開発企業がやってくれます。ただ、情報管理は自社の責任でできないところはデメリットでしょう。介護保険給付の請求書ソフトは問題が起きた場合のサポート体制を確認しておくことも必要です。
パッケージ型であれば訪問によるサポートもあります。

朝日新聞デジタル情報をお探しですか。

毎月の国保連への請求書作成に悩んでいる方、これから介護事業を始めようとされてる方は介護保険給付の請求書ソフトを検討されてはいかがでしょうか。



自社介護事業のサービスに見合ったソフトを一括検索できるサイトも充実していますから調べるとよいでしょう。

技術入門

subpage2

介護保険の適用を受ける場合には保険の請求をしなければなりません。そのために専用の請求書ソフトを利用している業者が少なくありません。...

next

技術の秘訣

subpage3

介護事業所においてサービスの対価として支払われる報酬の一部は、介護保険からの補助金によって成立しています。ただこれは待っていても自動的に支払われると言うものではなく、期限内に保険者に対して請求をする必要があります。...

next

学びたい知識

subpage4

介護の仕事をやっている人にとっては毎日介護の記録を取ることが非常に重要です。しかし、介護保険から保険金の請求を受けるためには既定の請求書を作成しなければなりません。...

next

関連情報

subpage5

介護事業の中で、その財源を支える役割を果たしているのが介護保険です。日本では、40歳になると公的介護保険に加入する必要が発生します。...

next