介護保険に請求書ソフトを使いたい理由とは

subpage01

介護事業の中で、その財源を支える役割を果たしているのが介護保険です。

日本では、40歳になると公的介護保険に加入する必要が発生します。
その後64歳までは第2号被保険者して、そして65歳からは第1号被保険者として保険料を支払い続けます。

その中で第2号被保険者は特定の16の疾病を原因として支援や介護を要する状態になった時、第1号被保険者は理由を問わず同様の状態になった時には、申請をすることで然るべき認定を受けることができます。

その認定を受けることで介護保険を利用して、各介護施設の利用を開始することができるようになると言うのが、日本の介護制度の仕組みです。
補助額は原則9割ですから、自己負担は全体の1割で済むと言うことです。
一方、介護施設などの事業者は、利用者が支払わなかった部分、つまり9割の部分を保険者に請求する必要があります。

これをしなければ、サービスの対価が支払われないまま、事業所にとっては赤字になってしまうためです。



その際に活用されるのが請求書ソフトです。


ただし請求書ソフトを利用しなくても、請求業務を行うことは可能です。


ですが請求に際しては、利用者一人一人の要支援度や要介護度、施設利用状況、提供したサービス内容などを細かく照合して、データ化する必要があります。また介護保険の番号と被保険者の情報に過ちがないようにすると言うのも基本中の基本です。

要するにミスが許されないことです。

そのため請求書ソフトを利用した方が、ミスなどを防ぐことが期待でき、なおかつより効率的に請求業務を進めていくことが期待できます。

産経ニュースに関する情報が満載のサイトです。

そのため請求書ソフトの利用が望ましいと言えます。